​白いノートのアルバム

お気に入りのペンで sora
お気に入りのペンで sora

素敵な色のペンに出会ったので、1色で思うままに手を動かす

糸やリボンで ニコル。
糸やリボンで ニコル。

糸くずやリボンの端を貼り付ける

紙刺繍 ニコル。
紙刺繍 ニコル。

紙に針で刺繍します 穴が開いてしまうのでひと針ひと針。緊張感が味わえて楽しい。

水彩絵の具と筆で線 marina
水彩絵の具と筆で線 marina

水彩絵の具で、一筆一筆描く細くてまっすぐな線の世界

金色のペンで sawako
金色のペンで sawako

金色のペンで、点を打っていく 真ん中に1ページづつ、じぶんの名前の文字を書き入れる。

踊るようにスタンプ takako
踊るようにスタンプ takako

いろんなもので・・スタンプ!

顔になるときも takako
顔になるときも takako
白いノート
白いノート
白いノート
白いノート

白いノートを手にしたときの気持ち

白と向き合うそれぞれの時間と思い

2019年 

白 生まれてくる 生まれてきたよ sawako

 

すぎてみれば 愛だった 吉

 

白をみなおした

「白色の人」は、あこがれとしてとっておきたい

白・・どんな色にも染まりそうで 回りから影響を受けそうで

しかも結局は、私は色で言えば「白」ですから!という人たちに

めぐまれている takako

白いノートに何を書こうかなと思ったときに

じぶんの正直なことをかきたいなと思いました

なので「自分が一番たのしくてうれしくてしあわせで

よろこびいっぱいになるときのことを書いています

「白いノートにかこう」と心にうかべるだけで

よろこびいっぱいになる自分の心がとてもステキでうっとりです  kyoko

白いノート  大好きな色なので身につける・・

いつもいつも内側をスッキリさせていたくて

ふっと思ったことは すぐに行動 なぁ~んて心地いいのでしょう

自分が心地いいと周りにそれ以上に心地よい人がおいで下さる

なぁ~んて嬉しいのでしょう 私が嬉しいと私の内側がわくわくしてくる♩

心地よくて 嬉しくて わくわくして しあわせだなぁ keiko

 

ふわふわと とんで行く   まっ白なま棉に包まれて

ゆっくりとゆっくりと時間が流れていく  幸福だなぁ  ふわふわ感

まっ白なひだまりのような  刻の流れ  michiko

白いノートを分け合い  受け取ったときの喜び 

なんて素敵な贈り物だろうと思った

白いノートを持っているという何とも言えないわくわく感

白いノートを持つ人は、出会う前から懐かしい仲間のよう

そして、出会って響き合う 

それぞれの光り輝く世界

なんて自由で豊かだろう

ありがとう ありがとう  marina

 

白 何にもなくていい もうあるよ

そこにいるままで そこにいるままで

そのままで そのままに

白 どこまでもひろがっていって

ふわり ふわり かるくなって とんでいって

たのしくなって とんでいって  haruna

 

白いノートを手にして

パラパラしているだけでも

ワクワクして このままでも好き   Prism

 

毎日 白いノートを開いては閉じての日々です

一行も一文字も書けません

きっとこの状態は続くでしょう

只々、私の側に居てくれるだけでいいからです  nagako

白を着ると

かおがパッとあかるくなる

かおがあかるくなると

心もあかるくなった気がする

白をヨコにおくと

ヨコにおかれたものが

あざやかに映る

そのものらしく かがやいて映る

もどるところ

いろんな色に染まっても

いつも

白は

わたしの中にあります

asako